バーバーバーゲツヨウバタケ

猟銃

こんなめったに無いチャンスの定休日に

(こんな良い舞台が月曜まででありがたい。)

中谷美紀主演、猟銃を観てきました。

先に原作を読むか悩んだが舞台を先に見る事に、あらすじはと

ひとりの男の13年間にわたる不倫の恋を、妻、愛人、愛人の

娘の三通の手紙によって浮き彫りにした

井上靖の恋愛小説猟銃。

この三人の女性を一人の女優が演ずることによって、

男に対する立場の違う三人の女性の中に秘められ

た男への想いの共通項を浮かび上がらせます。

まず、始まると同時に照明が落ち真っ暗に、

咳や姿勢をも動かしにくい空気感、こんなに緊張したのは

いつ以来だろう?そして一点、照明の下に中谷美紀の姿が!

舞台上には水たまりその中をバシャバシャ

と歩くしょう子、そして台詞のないスローモーションのような

ロドリーグ プロトーとの立ち位置

とりあえず美人で奇麗で、一時間半をも長台詞を覚え、三人の女性を演じきった女優いや人間

中谷美紀に一時間半釘づけであっと言う間でした。

当分、私個人、中谷ブームかもいやブーム中

本当に素晴らしい舞台に音響、衣装、芸術アートを鑑賞した雨の休日でした。

貴方は愛する方を選びますか、それとも愛される方を選びますか。


e0143447_1443481.jpg


[PR]
by BAR3t | 2016-05-11 14:50 | アート | Comments(0)